勃起不全攻略ガイドTOP » EDに関するわかりやすい基礎知識  » EDとアルコールの関係とは?

EDとアルコールの関係とは?

自宅でのリラックスタイムや飲み会などに欠かせないアルコール。お酒が大好きで、毎日のように飲んでいるという日とも少なくないと思いますが、実はお酒にはEDを引き起こす可能性があると言われています。

EDは男性の自信を失わせ、性交渉を不可能にしてしまいます。今回はアルコールとEDの関係について、詳しく見ていきたいと思います。

ビールや焼酎などに含まれるアルコールは、人体に入ると中枢神経を抑制する働きがあります。この中枢神経の麻痺こそが、勃起障害を引き起こす直接の原因となります。

中には「飲んだ後にうまく勃起できない」という悩みを抱えている方もみられますが、それはこのアルコールの直接作用によるものと考えられます。

アルコールによる神経作用は、勃起障害をもたらすばかりでなく、性欲を満足に働かせられなくさせる原因ともなります。

多量にアルコールを摂取すると神経の働きが鈍くなるため、正常な体の動きや思考能力を阻害します。このため、体が思うように動かなかったり、頭がぼーっとする、あるいは勃起しても持続しないといった問題も起きやすくなるのです。

アルコールは適量を摂取することによって神経を程よく刺激し、気分を高める効果があります。そのため、アルコールそのものが勃起障害を引き起こすわけではありません。少量であれば性欲の向上にも効果が期待できるとされています。

しかし過剰に(または自分の体の限界を超えて)アルコールを摂取した場合は、アルコールを分解するために水分をどんどん体に溜めこもうとしたり、体の中の栄養バランスが乱れる原因になります。毎日お酒を欠かさず大量に飲んでいると、より体内のバランスが乱れやすくなります。

アルコールにおける問題点については他にもあり、深酒を繰り返すことによって肝機能障害を引き起こす可能性が高まります。これは、EDの治療薬である「バイアグラ」「レビトラ」などの薬が効きづらくなるだけでなく、肝臓における薬の代謝が十分にできないため、最悪の場合治療薬の効果が現れなくなってしまう可能性も。

長期にわたってアルコールを摂取していると、体内の栄養バランスが乱れるだけでなく、体内のビタミンやミネラル類が消費されていきます。

特に男性機能に欠かせない亜鉛は、アルコールによって消費されるミネラル成分の一つであり、男性ホルモンの生産に深く関わっているため、亜鉛が不足することはEDにダイレクトに関わってきます。

このように、アルコールには勃起中枢の麻痺・神経作用によるEDのリスク・体内の栄養バランスを乱すリスク・男性ホルモンの生産量が低下するリスクなどさまざまな問題点をはらんでいます。

適量であればお酒は体にとってプラスに働きますが、お酒が大好きな人ほど飲酒量が増え、飲酒期間も普通の人より長くなりやすいために、EDにかかりやすくなってしまうのです。

勃起障害がまだ起きていない方でも、毎日の飲酒には注意が必要です。知らないうちに多量を摂取している可能性があれば、少しでも量を減らすか、アルコール度数の軽いものやノンアルコール飲料などに替えていく必要があります。

また、飲み会やパーティ、イベントなど外出先での飲酒にも注意しておきたいところです。下半身に悩みを抱えていたり、ED治療薬を服用している人ほど、お酒の量には節度を守って、体に害が出ないように心掛けていきましょう。

【免責事項】
このサイトは2016年7月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

人気の滋養強壮剤3つを比較